私の心が聞こえる?

STORY/ストーリー

涙が止まらない!!心が洗われる美しく温かい感動の物語。

少女ウリは、貧しいながらも、聴覚障害をもつ母ミスクの愛情をたっぷりと受け、明るく元気に毎日を過ごしていた。
そんなある日、ミスクと知的障害者だが、やさしい心を持つヨンギュとの結婚が決まり、ウリは喜ぶ。
ヨンギュには秀才だが障害を持つ父親、貧しい家庭を疎ましく思う息子マルがいた。
自分の兄となったマルの事が好きになったウリは毎日、マルに話しかけ、マルも次第に心を開いて行く。
そんなある日、ピアニストを夢見るウリが、学校に忍び込んでピアノを弾いていると、同じく家を抜け出して学校に忍び込んだウギョン財閥の会長の孫ドンジュと出会う。
ビアノが弾けるドンジュにピアノを教えてもらい、次第に仲良くなるウリとドンジュ。
しかし、そんな中、悲劇は起こってしまう。
ドンジュは、父親でウギョン財閥の社長の座を狙うチェ・ジンチョルが、ドンジュの祖父であるウギョン財閥のテ会長のを殺害する現場を目撃してしまい、慌てて2階のベランダから転落してしまう。
その時、頭を打った事が原因でドンジュは耳が聞こえなくなってしまうのだった。
さらに同時刻、ウギョン財閥の工場で火事があり、そこで働いていたミスクが亡くなってしまう。
火事を隠蔽する為、ウギョン財閥は火事の原因はミスクにあったと言って、ヨンギュとマルを訴える。
他に誰も頼れないマルは、以前奨学金を貰ったさいに「困ったことがあれば尋ねてくるように」といっていたドンジュの母親テ・ヒョンスクの元に行く、耳が聞こえなくなったドンジュに途方にくれていたヒョンスクは「助けてください」というマルに対して唐突に「私の息子になるか?」と言うのだった。
そして15年後・・・。ドンジュはアメリカで読唇術により障害を隠す術を身につけ、グループ後継者となるべく韓国に戻ってきた。
また、マルはジュナと名乗り、ドンジュの兄となり耳の聞こえないドンジュをサポートしながら貧しい家庭ではなれなかった医師になる夢を実現していた。
一方、火事の日から行方不明となっていたマルを捜し続けるウリは、街でマルと似た話し方をするドンジュを見かけ、失踪したマルだと思い込み…。